顔,パサパサ

女性の大敵!乾燥で顔がパサパサになって悩む女性にまずやってほしいこと

女性の大敵!乾燥で顔がパサパサになって悩む女性にまずやってほしいこと

 

 

湿度が低くなる冬場はもちろん、エアコンが効いている部屋にいるとお肌が乾燥してパサパサになっちゃいますよね。
乾燥肌は肌荒れの原因になります。赤ちゃんのようにスベスベ、プリプリのお肌になるためには、まずはお肌の潤いが基本となります。
いくら良い美容液を使っても乾燥肌だと効果が半減しちゃいます。

 

そこでお肌が乾燥する原因を理解して、効率よく保湿する方法をご紹介します。

 

 

 

お肌が乾燥する原因はコレ!原因を絶って目指せ健康肌!

女性の大敵!乾燥で顔がパサパサになって悩む女性にまずやってほしいこと

 

 

乾燥肌とは文字通り、お肌の水分が不足して乾燥状態になっていることです。
本来ならお肌から水分が逃げないように角質がバリアの役目を果たしてくれるもの。
ですが、様々に理由でバリア機能が落ちてくると乾燥肌になり肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

乾燥肌には「乾燥性敏感肌」「脂性乾燥肌(混合肌)」「超乾燥肌」「老人性乾燥肌」など人によって様々です。
「乾燥性敏感肌」は、気温の変化や紫外線のダメージでお肌が乾燥しやすくなっています。
お肌の水分の不足で角質層が剥がれ落ちやすくなり、ピリピリとした刺激を感じやすくなります。
刺激に敏感になっているため雑菌がつきやすい状態にもなります。

 

 

「脂性乾燥肌(混合肌)」は、十分に洗顔しているのに顔の一部がテカった状態になることです。
一見、乾燥とは無縁のように思えますが実はお肌が乾燥しているので皮脂が危機感を感じて、多くの皮脂を分泌しているのです。
テカった部分があるため洗顔を必要以上に行うため、乾燥肌がますますひどくなることもあります。
部分によってケアの方法を変えることが大切です。

 

「超乾燥肌」は、乾燥肌でも重症です。白っぽく粉を吹いたりポロポロと角質が落ちて行ったりします。
洗顔後やお風呂上りに強いツッパリ感があり、時には痛みを感じたり裂けてしまったりすることもあります。

 

 

冬場で気温や湿度が低く、風が強いなどお肌の水分がどんどん奪われてしまう時に、十分な保湿を行わないと超乾燥肌になってしまいます。
血行が悪くストレスなどがあるとひどくなってしまいます。

 

必要な皮脂まで落とさないように洗顔料は使わずにぬるま湯だけで顔を洗い、乳液などで保湿ケアを行いましょう。
症状が改善しない場合は、皮膚科を受診した方が良いでしょう。

 

「老人性乾燥肌」は、加齢によって皮脂が少なくなってしまい乾燥肌になることです。
老人性といっても肌の保水力に大切な成分である角質層のセラミドやコラーゲンの減少は、25歳ぐらいから始まります。
部屋の乾燥には注意して良質な油分を食事で取り入れるようにします。

 

洗顔や入浴後はたっぷりの乳液を使い、保湿を心がけましょう。コラーゲンを意識して取り入れることも有効です。

 

 

 

保湿にはコツがある!効率よく水分を肌深層に届ける方法4選!

女性の大敵!乾燥で顔がパサパサになって悩む女性にまずやってほしいこと

 

 

保湿といってもただ水を顔につけるだけでいいというものではありません。
効率よく水分を肌の奥に届けて逃げていかないようにすることが大切です。

 

  1. 紫外線やエアコンは保湿の天敵!冬でも紫外線対策と部屋の乾燥には注意しましょう。
  2. メイク落としのクレンジングは素早く!洗顔はぬるま湯で洗顔料が残らないようにしっかりとすすぎます。
  3. 保湿成分が配合されている化粧水と乳液を使いましょう。
  4. 乾燥肌は敏感になっていますのでこすったり叩いたりして刺激を与えないように。

 

化粧水と乳液はお肌の水分が逃げないように蓋をする役目です。
手抜きはしないようにしましょう。塗りすぎも逆効果ですので適量を手にのせて顔全体を包むようにつけましょう。

 

乾燥肌は一日ケアをしたから治るものではありません。
習慣づけて保湿を心掛けるようにすれば、やわらかいスベスベしたお肌になれますよ。

 

 

肌の乾燥には肌ナチュールホワイトエッセンス!その効果を徹底的に調べてみました!